© Norman Posselt / Monotype

ファーディナント・ウルリッヒ:文字にかけた人生 グドルン・ツァップ・フォン・ヘッセ

彼女はヘルマン・ツァップ氏の妻としても知られ,数々の本の装丁,様々な文字・活字制作,レタリング,活字の彫刻などを70年以上に渡り行ってきた。数々の賞を受賞してきたにもかかわらず,今まであまり注目を集めてこなかった彼女の作品に今回,ウルリッヒ氏がここベルリンで光を当てる。

© Norman Posselt / Monotype

Ferdinand Ulrich: Ein Leben für die Schrift – Gudrun Zapf-von Hesse

Sie hat sich ihr Leben lang der Buchgestaltung, dem Schriftschreiben, der Schriftgestaltung und vielem mehr gewidmet – Gudrun Zapf-von Hesse. Obwohl sie mehrere Preise erhalten hat, wurde ihrer Arbeit nicht viel Aufmerksamkeit zuteil. Ferdinand Ulrich bringt würdevoll das Lebenswerk der Witwe Hermann Zapfs als Abschluss der TYPO Berlin ans Licht. Ein Vortrag über ein Jahrhundert Schriftgeschichte.

© Sebastian Weiß / Monotype

Michal Sahar: Expending Hebrew Alphabet System

With Alef, Michal Sahar and Danny Meirav officially ended the monocracy of Arial, what was once the only web font for Hebrew. At TYPO Berlin, Michal provided the audience with broad insights into the design research for Fedra Serif Hebrew, a case study for matchmaking multi-script type design.

© Sebastian Weiß (Monotype)

高木毬子 タイプフェイスから象形文字:日本語タイポグラフィの文字遊戯

彼女は西洋のタイポグラフィのスペシャリストとして日本のタイポグラフィに精通しているだけではなく、現在香港に住んでいるため中国のタイポグラフィにも精通している。彼女にとって常に大切なことは、文字の文化の橋渡し役として務めることにある。

Page 1 of 512345